6月後半星読み&タロット更新しました!

ホロスコープの読み方 (1/4)

STEP.1 各惑星の星座を調べる

ネイタルチャートまたはソーラーサインチャートを元に、各惑星が何座なのかを調べます。
チャートの見方は、下記のサンプルをご参考に↓

各惑星のマーク

 
 

12星座のマーク


あれ?なんで太陽や月が惑星になってるの?
ターラ
ターラ
占星術では「地球から見た天体の配置」をホロスコープに表しているんですよ。 だから太陽や月も「惑星」の仲間として考えてくださいね。
また現在では準惑星となった「冥王星」も、惑星として扱っています。
ノードってなんですか?そんな星、聞いたことないような・・・
ターラ
地球から見た、太陽の軌道(黄道)と月の軌道(白道)の交差するポイントをノードと呼んでます。 ノードは実際にある星ではありませんが、占星術の上では重要な意味があるんですよ。
昔の人は、この2点を龍の頭と尻尾に例え、ノースノード=ドラゴンヘッド、サウスノード=ドラゴンテイルとも名付けました。
サウスノードからは「過去世からのカルマ」をノースノードでは「今世の魂の使命」を読みます。
キロンも・・・聞いたことあるような、ないような・・・
ターラ
キロンは、土星と天王星の間にある小惑星です。
キロン(ケイロン)は半人半馬のケンタウロス一族の異端児であり、ゼウス神によって夜空の星(いて座)にさせてもらったという逸話が有名ですよ。
占星術ではキロンから「魂の傷と、その傷の癒やし方」を読みます。

各惑星の基本的な意味

個人の自我と生命力の象徴。先天的な資質と、社会的な顔を示す。
表に出ない内面の性質や無意識的な反応。母親との関係や幼少期。
知性の象徴。思考力や知覚力。表現やコミュニケーションの能力。
愛情や金銭、持っている価値観。カルマの輪廻から解放する存在。
活力と闘志を支配。エネルギーの出し方が表現。チャレンジの星。
幸運を運ぶ星。発展と拡大の象徴。哲学的な思索を促す星。
修行の星。学びの成果。制限と義務。責任、試練、忍耐の象徴。
独創性の星。発明や革命。現時点からの進展。魂の進化を促す星。
スピリチュアルな星。霊的な進化の気付き。精神世界に居場所を。
深層心理の星。個人的意識と集合的無意識の境界線。破壊と再生。
(ドラゴンヘッド)今世の使命、魂を進化させる為の人生のテーマ。
(ドラゴンテイル)過去世のカルマや強調してきた人格的傾向。
魂の傷、心の恐れやトラウマ。傷ついた分野で他者を癒していく。
▶︎太陽から火星までを、パーソナルプラネットといい、個人のパーソナリティを読むのに適しています。
▶︎木星以降の星は、地球から遠くなるため、同年代の方は同じ星座になります。その中でも天王星、海王星、冥王星は、何年も同じ星座に滞在することから、その星座の期間をひとつの年代と解釈し、ジェネレーションプラネットと言われています。世代間の特徴が強く現れます。
「○○星が○○座」の各特徴を読むのが、基本中の基本です。
占星術は、単なる星占いのレベルではなく、どこまでも深く読んでいくことができる学問です。
興味を持たれた方は、ぜひ一歩深く学んでみませんか?

初心者の方は、まずは「Basic講座」から学ぶことをお勧めいたします。

このような方にお勧め

☆全く初めてのかた
☆雑誌やYoutubeの星占いを楽しみにしている
☆自分でもわかるようになりたい
☆今の仕事に占星術を少し取り入れてみたい
☆過去に独学でやってみたけど難しく感じたかた